目のコンプレックスを解消するための手術とは

目元は施術で大きく変わる

女性

埋没法と切開法のそれぞれの違いについて

目が一重で小さく見えてしまうなど目元に悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。日本人は外国人と比べると目が小さい人が多く、外国人のようにぱっちりとした目元に憧れる人も多くいます。そんな目元は二重整形を受けることで解決することが出来るでしょう。施術を受けることで目元の印象は大きく変わります。幅広の二重ラインをつくることも可能ですし、末広がりの目元をつくることも可能です。希望に沿ったラインで二重をつくることが出来るので理想的な目元を手に入れることが出来るでしょう。そんな二重整形には二つの施術の方法があります。まず一つ目が埋没法です。埋没法は髪の毛よりも細い医療用の糸を使用し針で数ヵ所瞼を固定する方法です。極細の針と糸を使用するので糸が目立つということもありません。施術時間も大変短く、はじめて施術を受ける人の多くが選ぶ施術となっています。糸で固定するだけの簡単な施術のため、瞼に厚みがある人や目をよくこする人などは糸が緩みやすくなっています。そのような人は切開法がおすすめです。切開法は傷の大きさにより全切開と部分切開があります。全切開は目尻から目頭まで切開しますが部分切開はそこまで切開せず数ミリ程度切開する方法になります。切開する際に余分な脂肪やたるんだ皮膚を取り除きながら施術を行うので瞼に厚みがあっても大丈夫です。ラインも取れる心配がなく埋没法よりもしっかり二重を維持することが出来ます。施術費用は埋没法で10万円程度、切開法で25万円から30万円程度です。費用を含め施術を受ける際はしっかり考えて受けましょう。

施術を受ける際は埋没法や切開法といった種類があります。瞼の状態によって合う施術とそうでない施術があるので、まずはカウンセリングを受けた際にドクターにしっかりとチェックしてもらいましょう。埋没法は大変手軽でメスを使用する施術は怖いという人におすすめの施術です。ただし取れてしまうリスクがあるので絶対二重ラインを維持したいという人は切開法をおすすめします。埋没法の場合は瞼にそこまで厚みがない人や、そこまで幅広ではなく自然なラインを希望している人におすすめです。切開法は内部処理をしてから固定していくのでどのような瞼の人でも施術を受けることが出来ます。ただし切開する分ダウンタイムを長く必要とするでしょう。しっかり固定はしたいけれどダウンタイムを少しでも短くしたいという人には部分切開をおすすめします。部分切開も切開をしますがそこまで切開する範囲が大きくないので全切開よりもダウンタイムを少なくすることが出来ます。ただし年数の経過と共に二重ラインが狭くなってくるということはあるでしょう。また、部分切開であっても全切開とそこまだ施術費用に大差がありません。全切開の相場が30万円程度ですが部分切開でも25万円から30万円程度は掛かってしまうでしょう。クリニックによっても施術費用が異なるので、まずはどの程度費用が掛かるのかしっかりと確認しておくことをおすすめします。二重に整形することで見た目が大きく変わります。そのことにより性格さえも明るく前向きな性格に変わる人もいるでしょう。美容整形と聞くとマイナスなイメージを持つ人も中にはいるかもしれませんが、コンプレックスを解消しプラスに働く場合も多くあります。まずはドクターに相談をして納得をした上で施術を受けましょう。

Copyright© 2019 目のコンプレックスを解消するための手術とは All Rights Reserved.